春季高校野球福岡県大会は小倉高校が優勝しました。

春季高校野球福岡県大会は小倉高校が優勝しました。この小倉高校は福岡県にある数多くの進学校で1,2を争う高校です。しかも決勝で対戦した八幡高校も進学校であり、文武両道の両校の対戦となりました。偏差値で言うと69の小倉高校と62の八幡高校のハイレベルな頭脳戦となり春の野球場を盛り上げました。この2校の前に私学の強豪はことごとく後塵を拝し、福岡県の高校野球は選抜に出場した偏差値71の東筑高校と公立高校が勢いを増しています。これらの高校は学業をおろそかにすれば、部活はできなくなるので、少ない練習時間のなかで知略を尽くして励み強豪私学に挑み続けているので、今年の夏はかなり熱い戦いが繰り広げられるのでは楽しみで仕方がありません。それぞれ戦い方に特徴があり、東筑高校は守備でリズムを作り機動力を駆使して接戦に持ち込みます。小倉高校は総合力で戦うのが伝統で試合展開に応じて打ち合いにも守り合いでも力を発揮します。八幡高校は打線が引っ張る攻撃型のチームを作ってきます。福岡県の最近の勢力図から優勝候補は九州国際大付が筆頭に来ます。この絶対的な戦力を誇るチームに公立校の雄がどう挑むのか注目です。http://www.fndg.co/acom/acom-sokujitsu.html

春季高校野球福岡県大会は小倉高校が優勝しました。